インパクトゾーン

スイングの中で一番重要な部分はインパクトです。ここで当てられた通りに球が飛んでいくのですから。

 

ではこのインパクトはどのようになっていればいいのでしょうか?

 

良い基本スイングは、ボールとヘッドがくっついてる間(インパクト)にヘッドがターゲットに向かって真っ直ぐで、かつ地面に沿って動き、ボールが離れる瞬間にフェースがターゲットラインと直角になりスピードも速いスイングです。

 

そして、次に重要なのがインパクト前後のクラブの動きです。所詮人間の能力では距離の出ない女性でも時速100kmも出ているクラブヘッドのインパクトの瞬間をコントロールすることはできません。そこで、インパクト前後(ここでは、これをインパクトゾーンといいます)のある決まった範囲をどのようにするかが最重要課題になるわけです。上記のインパクトになるような自分のインパクトゾーンのクラブ全体の動きと範囲を知ればそのための振り方がどんどんはっきりしてきます。

 

最終的には、上記のインパクトゾーンを再現性高く作り出せれば完璧です。文章にすると簡単なんですよねえ、ゴルフって。 ヾ(=・ω・=)