スピンの少ない低い球は左の近くに置いたボールをハンドファーストに打つ


ゴルフ場では、数限りない状況に遭遇します。

 

低いボールが打てたらいいなという状況も多々あると思います。

 

低いボールの打ち方として、よくボールの位置を右に置けといわれますが、これには少し注意も必要です。

 

低いボールを打つためには、インパクトのロフトを通常よりも立てて当てる必要があります。

 

そのためにボールの位置を右にしろといわれるのですが、これにはリスクが1つあります。

 

https://www.golfdigest

 

 

ボールを右に置くとダウンブローの度合いが強くなるので、もしダフったときは、ほとんどボールが飛ばないザックリになる可能性を秘めています。

 

低いボールでスピンをかけたい場合はこれでもいいのですが、アゲインストの風の抵抗を軽減するためだとしたら、スピン量が多すぎて吹きあがる弾道になってしまうので、あまり風の影響を軽減できません。

 

スピン量を増やしたくない場合は、左に置いたボールをロフトを立てて打つと、レベルに近いヘッドの入りになるので、ザックリの心配もなく低い弾道にすることができます。

 

ボールの位置はインパクトのロフトを立てる度合いが大きいほどスタンスに近い位置にしましょう。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。