頭を残せの弊害

 
頭を残せ、ボールをよく見ろ。

これらは、スイングにおいてのアドバイスとしてはポピュラーなものだと思います。

これらのアドバイスの本質はスイング軸を安定させろ、ということだと思います。

2次的にインパクトまでの脳を振動させないようにという意味合いも含まれているかもしれません。

こういった本質的な部分を理解して、そのために頭が動かないようにスイングすることはもちろん効果的です。

 

ただし、インパクトをしてボールが飛んで行ってもまだボールがあった位置を見続けるようにするのはやり過ぎです。

 

特に顔の向きを保つために体の回転を阻害してしまうほどボールのあった位置を見続けるのは本末転倒といえます。

正しくフルスイングをした結果のフィニッシュでは、ボールのあった位置を見ることができないはずです。

 

よく、ボールはキャディさんや同伴者に見てもらって最後まで下を見てろという教えがありますが、これは体の回転を阻害する弊害がでるので、この教えを実践する場合はパッティングやショートアプローチにとどめましょう。

 

http://column.sp.golf.findfriends.jp

 

上の画像はイ・ボミ選手のフィニッシュですが、彼女はプロの中でも頭が動かないように注意して打つセンスですが、フィニッシュでは飛んで行ったボールに顔が向いています。

 

このように、フルショットやそれに近いスイング時はインパクト以降は飛んで行ったボールを目線が後ろから追いかけて行くように注意するくらいにしておくといいと思います。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。
⇒レッスン動画はこちら