バックスピンをかけてきましたって実況どういうこと?

 
トーナメントの中継を見ているとグリーンに落ちたボールがスルスルっと後ろに戻ってくるシーンを見たことがあると思います。
 
これに憧れるゴルファーも多いことでしょう。

 
これを見た実況のアナウンサーが「バックスピンをかけてきました。」と実況を入れてきます。

 

こうした現象が起こるのはボールの2~3バウンド目のボールの前に向かう推進力がなくなったときに、まだボールの回転が残っていると後ろに向かって戻ります。

 

数メートルも戻ってくる場合は、強い上り傾斜にボールが落ちたときに起こります。

 
インパクトでフェースに当たったショットのボールにはほぼ例外なくバックスピンがかかるので、バックスピンをかけてきましたという実況は国語的には「スピンバックをさせてボールを戻してきました」というのが正しい表現なのだと思います。

 

you tubeより転載

 

バックスピンとはショットの際にかかるボールの回転のことで、ボールが手前に戻ってくる現象のことはスピンバックといいます。

 

このスピンバックが起こる条件は着弾角度が鉛直に近いほど起こりやすく、ボールの回転が速いほど起こりやすく上り傾斜であるという条件が必要です。

 

バックスピンを強くかけるには、ダウンブローでインパクトロフトが大きくなるとボールのスピン量が大きくなりますので、ロフトのあるクラブでダウンブローに打ったときに強いバックスピンがかかります。

 

そしてボールの着弾を地面に対して直角に近くするためにはボールの最高到達点を高くする必要があるので、ヘッドスピードが遅い場合にはボールが必要な高さに到達する前に落下が始まるのでスピンバックが起こりにくくなります。

 

とはいえ、カーレースのドリフトのようにスピンバックをしてカップに向かっていくシーンはスリリングでとても盛り上がります。

 

スピンバックをする仕組みを知っておくとよりトーナメント観戦が楽しめるかもしれません。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。
⇒レッスン動画はこちら