アイアンショットの精度は軸の安定とハンドファーストにインパクトすること

 
アイアンが精度よく打てるかどうかはどのレベルのプレーヤーにとっても重要な問題です。

そのためにはまず、フェースでボールをミートできるかどうかで、これに関わってくるのがヘッド軌道の最下点です。

 

 

この最下点の位置が一定しているほどアイアンショットに優れているといえます。
 
最下点は上下左右前後にずれる可能性があります。

ずれる要素を分けて考えると
 

上下

首の付け根からヘッドまでのスイング半径の長さ、ヘッド軌道の中心にあたる首の付け根の位置が安定していると上下のミスがなくなります。
 
左右

アイアンは特に最下点が右にずれると精度が下がります。左右にずれるのは首の付け根位置の左右のずれ、アウトサイドインだと最下点は左に、インサイドアウトだと右にずれ、インパクト時のグリップエンド位置が左にずれると左に、右にずれると最下点が右になります。
 
前後

首の付け根位置の前後のずれ、インパクト時のグリップエンド位置の前後のずれ、手首の上下方向へのずれが大きく関わります。

 

アイアンショットは地面の上のボールを打つ性質上、レベルブローかダウンブローでボールをミート出来るようにするのが鉄則で、軸がぶれずハンドファーストにインパクト出来るようにすることが精度の向上につながります。

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はこちら
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551
レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。

⇒レッスン動画はこちら