長尺ドライバーは長さが長いほどボールの位置を左にしてティアップを高くする

ドライバーの飛距離を伸ばすための1つの方法として、シャフトを長くしてヘッドスピードを上げる、長くバランスが重い状態にしてクラブ全体の慣性モーメントを大きくする方法があります。

 

 

シャフトが長くなるほど手元でクラブを操作してからヘッドに操作が伝わるまでの時間がほんのわずかですが長くなりますので、その分ボール位置を左にしてティアップを高くするのが一番簡単な方法だと思います。

 

すると、弾道が少し高くなるので、ロフトを少なくするか、スピンが少なくなるタイプのヘッドをチョイスするといいと思います。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。

⇒レッスン動画はこちら