ダフリ、トップを撲滅する!「最下点をコントロールする」練習法

ゴルフスイングにおいて、クラブフェイスの向きのコントロールとスイングの最下点をコントロールする事はスイングの精度を高める為に最も大切な要素であると考えられます。

 

 

本日はスイングの最下点をコントロールする練習方法をお伝えします。ダフリ、トップにお悩みの方はご参考にしていただければと思います。

 

 

私もゴルフを始めてすぐにこの練習法を行っていましたが、振り返ってみても役にたったのではないかと感じています。

 

 

前置きが長くなりましたが本題に移ります。

 

 

スイングの最下点をコントロールする練習法と聞くとなんだか難しく聞こえますが、簡単にいうとズバリ「素振りでゴムティを打つだけ!」 という単純な練習です。

 

昔のゴルフ練習場は人工芝の下からゴムティが刺さっていてその上にゴルフボールを手でおいて打つスタイルが主流でしたがまさしくあの状況が理想です。現在のゴルフ練習場ではオートティアップが多く、この練習法が行えないところが多いですから、ゴムティのある練習場かお家の庭などで行ってください。

 

スイングの善し悪しの判断としては、スイング時にゴムティではなく人工芝を叩いてしまったら最下点が下過ぎる(ダフリ)という事になります。

 

反対にスイング時にゴムティに触れなかったら最下点が上過ぎる(トップ)という事になります。

 

リズムよくゴムティを打ち続ける事ができるようになれば、最下点のコントロールもうまくいくものと考えられます。

 

よし「マスターできたぞ」という方にはさらに続きがあります。

 

高度な練習になりますが、今度は目をつぶって行ってみましょう。目をつぶる事で視覚をシャットアウトします。そうすることでスイングの無駄が無くなったり、感覚に磨きをかける事の効果が期待できます。

 

昔から最も知られたポピュラーな練習法ですが、イチ押しの練習法です。

 

IMG_6848 gsi