ゴルフの難易度

ゴルフのスコアは様々な要因が絡み合って易しくも難しくもなります。

 

たった一人でスコアもつけずにラウンドをするとしたら、かなりリラックスした状態でプレーが出来るはずです。

 

OBを打ってしまったら、もう一つボールを打って行けばいいし、パターを何回打ってもどうってこともありません。

 

ところが、たった一人でラウンドするとしてもスコアをつけて回るだけでも時折プレッシャーがかかります。

 

良いスコアを出したい、立場を守りたい、面子を立てたい、プロや競技者ならこのパターを外すと生活が立ち行かなくなる、タイトルが欲しい、予選を通りたい、スポンサーに恩返しがしたい・・・・・・・・・・。

 

など、自分の欲が自分に襲い掛かるように振りかかってきます。

 

ある程度ゴルフが上達したら、プレッシャーのかかる状況下で良いパフォーマンスが発揮できるかどうかが問われるケースが増えてきます。

 

このプレッシャーとどう付き合うかがゴルフの上達に関わってきます。

 

まだ技術が伴っていない間に、大きなプレッシャーの中とんでもないミスをしてしまうと自分の中にゴルフの怖さが蓄積されてプレッシャーがかかるとミスをする癖がついてしまいがちです。

 

ゴルフのは失敗体験よりも成功体験の記憶が多いと上達し続ける事が出来ますし、失敗体験の記憶が多くなってしまうと上達にブレーキがかかってしまいます。

 

一流選手はミスを反省したら、ミスの体験そのものが記憶から消えていってしまう人がほとんどで、ミスの体験を忘れられない人は技術や能力が高くても上位に上がれなかったり、イップスになってしまう人もいます。

 

そうならない為には、ラウンド時の良いプレーには必要以上に喜び、ミスをしたら何も無かったかのように振る舞うことと、ラウンド後の反省をしたら何回かあっただけのナイスショットの内容を人に話したり、頭の中で繰り返し反芻したりするような癖をつけておくと、ナイスショットの記憶の貯蓄ができて、上達に向かって行く事が出来ると思います。

 

自慢話ばかりして、ミスショットの事を忘れてしまうバカ野郎と思われてしまうかもしれませんので、当たり障りなくそうするような工夫が必要でしょう。

 

馬鹿と天才は紙一重というのはこんなことなのかもしれません。