濡れた状態に気をつける

濡れた状態は球の飛び方が変わるので注意しましょうというお話です。

大雨が降っている時などに、練習場で球を打つと仮定します。

その際にマットがずぶ濡れでボールも濡れ、クラブフェイスも濡れていたらクラブフェイスの上をボールがスリップした状態で球が飛んでいきます。

乾いている状態は、スピンがしっかり入るのでインテンショナルショットをコントロールしやすいのですが、濡れているとスピンがかからず思ったように曲げられない可能性が高まります。

個人的な意見ですが、スライスしやすくフックしにくい状態になると思います。

雨の中でゴルフをする時には、ボールやグローブ、クラブフェイスなどが極力濡れないように注意をし、球が滑る事を考慮に入れて保険をかけてターゲット設定を行うと良いのではないかと思います。