ロングパットの練習

ゴルフにはドライバーショット、アイアンショット、バンカーショット、パター、など幾つかのショットの種類があります。

 

都心部にお住まいの方はその中のロングパットの練習環境にはあまり恵まれないだろうと思います。

 

たまにラウンドするだけなら、ロングパットの経験数は少ないでしょう。上達してアイアンショットがグリーンをとらえる事が出来るようになるとロングパットの頻度も多くなり、あまり経験の多くないロングパットが寄せきれず3パットしてしまう方が多いように思います。

 

他の様々のショットに比べてロングパットの経験が少ないためにそうなるのでしょう。出来ればそれぞれのショットをバランスよく上達していくのが理想です。いいスコアで回れるようになるためには得意なショットを磨くことと、苦手ショットをなくすことが重要です。

 

バンカー練習、アプローチ練習、フルショットの練習はしようと思えば練習できる環境があるはずです。しかしロングパットが出来るような大きなグリーンはなかなか見つかりません。

 

そこで、ラウンドに行った時にゴルフ場の練習グリーンで短い時間でもいいのでロングパットを打つように意識してみて下さい。長い目で見れば少しずつ上手くなれると思います。

 

ロングパットの練習を意識的に取り組む人は少ないように思いますので、仲間にも差をつけられるようになるかもしれません。