スイング技術向上の足腰トレーニング

今回は、もう少し飛距離を伸ばしたいな・・・・という事を考えておられる女性や年配男性に対するアドバイスです。

飛距離が出にくい方の傾向の1つに、上手く足腰が使えてないという事があります。ではどう使えていないかと言うと、大まかではありますが「しっかり踏ん張る使い方が出来ていない」という事です。

ただここで気を付けてもらいたいののは、踏ん張る事=足腰を固める事ではありません。足腰は踏ん張って使うので、結果動きが伴います。

動きのイメージとしては以下となります。

①重さ2~3キロの物体(中身の入ったペットや米袋でOK)を両手で幅20~30センチくらいの距離が出来るようにしておへそ下に抱えて立つ

②その物体を出来るだけ遠くに放り投げる動作をします。体の向きや動かす方向を東西南北で表現すると、目線を東に向けたまま、両手で抱えている物体を南から北に放り投げる動きです。

③足腰を使わず腕だけでも放り投げる事は出来ますが、足腰を上手くつ使った方がより遠くへ放れると思います。放る瞬間は右足でなく、左足でしっかり地面を踏めると良いです。

④トレーニングとしては、この物体を遠くに放るイメージで南から北に動かすものの、実際には放らず、その後は北から南に動いてきた反対の軌跡で物体が南に戻り、そしてまた北に振りだすという行ったり来たりの繰り返し動作で動きや関連する体幹を鍛えて行きます。

以上、足腰の細かい事が気になった際のリセットにも活用できますので、良かったら参考にしてみて下さい(^_^)v