ショートアプローチのバリエーション

ショートアプローチのバリエーションとしては、ロフト通りに打つピッチエンドランとロフトを増やして当てるロブショット、ロフトを立てて当てるランニングの3種類は用意しておきたいところです。ランニングに関してはロフトの立ったクラブにすれば良いのですが、SWのロフトでたりない時はフェースを開いて使わなければなりません。

ランニング、ロブは打ち方さえわかってしまえば高さの打ち分け自体はすぐ出来るようになれますが、距離を合わせられるようになるためには充分に経験を積む必要があります。

高さを打ち分けられるようになったら高さと距離を合わせる事をめざします。それができたら、あとはそれの維持作業が必要です。

維持のためには、ピッチエンドランで基本を確認しつつ何発かに一球だけロブやランニングを打っておけばいいでしょう。

何れにしても、ガードバンカーはロブショットのような打ち方を求められますのでフェースを開いて打つことには慣れておいた方がいいと思います。