ショートゲーム色々

ショートゲームを安定させる事がスコアを良くする一番の方法ですが、一口にショートゲームと言ってもウェッジショット、ショートアプローチ、ロングパット、ショートパットなどの項目に分けられます。

自分がショートゲームの中で、得意な分野や苦手な分野を知る事は、今後の練習メニューを決める為にも大変重要な事になります。

パット数に代表されるショートゲームの管理方法では、その日のショットの調子次第により変動が大きくなり、苦手な項目が絞りにくくなります。

スコアカードにはパット数以外に細かく記入する欄がありません。

私のお勧めの方法は、ショートゲームノートなる物を用意し、100ヤード以内のストロークで、使用クラブ、起こったミスショットやカップまで残った距離などをこと細かく記入する事です。

スロープレーに繋がらないように、ホール間を移動中のカートなどで、書いておくと良いと思います。

ウェッジショット、ショートアプローチ、バンカーショット、ロングパット、ショートパットで大きな弱点が無くなれば安定したゴルフをいつも展開できるようになれるはずです。