練習場でのアドレスの構えの向きについてのトレーニング

コースでアドレスの構えの向きを合わせるのが下手だな・・・・・・と感じる方に向けての練習場でのアドバイスです。

①時間がかかっても、1球1球ボールの後方から目標と打出すラインを確認してからアドレスを作りショットを行う。(結果、コースで実際ラウンドしているかのような振舞いです)

②打席のラインに沿ってだけでなく、少し右とか左に目標をふって①を行う。

③打つ場所の左右近くにある障害物が気になる場合は、打席も両端を活用し自分の不得手に近い状況を作り出してから①を行う。

実際コースのティーグランドは練習場の打席のようにラインの補助線が無く、その向きも打ちたいラインに向いていない事が多々あるので、自分でしっかりラインを作るトレーニングは重要です。練習場での時間内で打てる球数は少なくなってもいっこうに構いませんので、心当たりのある方は実践してみて下さい。(^_^)/~