目標を変えて練習

練習場でマットの向いている方向に打ってもらうと、ナイスショットを確率よく打てる方でも、斜めに打ってみてくださいとお願いすると途端にナイスショットが出なくなる方がいます。

上記の現象に心当たりのある方は、スイングのチェックよりも、アライメントの練習をされた方が良いでしょう。

斜めに向いた時に、ボールの位置が変わってしまう。体の向きが変わってしまう方が非常に多いはずです。

上級者やプロの練習を拝見させていただくと、練習の最初から最後までマット通りに打ち続ける方はまずいないと断言しても良いでしょう。

練習場のマットに沿って、ナイスショットを打つ事よりも、どの方向に対してもそれなりの方向性を出せるように訓練された方が、コースではスコアはまとまるはずです。

アライメントスティックや、ゴルフクラブなどを用いて、是非方向どりの練習に励まれてください。