不調は「ゆっくりスイング」で確認

ヘッドとボールのコンタクトの仕方が悪く、思い通りのショットが出来ていないにもかかわらず、次から次へと練習場でショットし続ける方をたまに見かけます。 1つ2つならまだしも、5球以上も同じようなショットなら、一旦ボールを打つ事をやめて、ヘッドの重さがしっかり感じ取れるゆっくりしたフルショットの連続スイングで体の各パーツの動作確認をおすすめします。

クラブは道具ですから、調子が悪い時や新しい動かし方を習得する際は有効だと思いますし、またこの発展系としては、片手でそれぞれ道具をゆっくり扱いチェックして行きます。

同じペースで打ちこんで力技で不調を脱するやり方もあるかと思いますが、不調を脱する前に体を壊してしまっては元も子もないので思ってますので、スロースピード確認で調整してます。

以上、ご参考まで。(^_^)v