練習の目的

練習は、ゴルフの技術を上げる目的の他に、自信を深める為の練習でなければ効果は半減してしまいます。

ですから、上手く当たらないショットを繰り返したり、カップに入らない距離のパットを繰り返し練習するのは、自信を深めるどころか、自信を無くしかねません。

ショットが上手く打てなかったら、途中で一度打席を外し、違う意識を持って、再び球を打つ、その結果ナイスショットの確率が高くなったら、その意識を持って練習を継続する。

パットの練習であれば、4〜5メートルの練習をそこそこしたら、確実に入りそうな50センチ以内のパットを繰り返して、カップイン出来るという自信を付けるなど練習内容に工夫をされてみると良いでしょう。

ゴルファーは、預言者であるという言葉を聞いた事があるでしょうか?

それだけ、ショット前のイメージに左右されるというものなのかもしれません。

良いイメージが湧いてくる時などは、練習量を増やし、悪いイメージばかり浮かぶ時などは、早々に練習を切り上げるなど、自分なりの調整法を持つ事も大切な事かもしれませんね。