基礎の練習

ゴルフの上達する人と、上達しない人の練習風景を観察していると、練習内容の違いを感じる事があります。

 

ゴルフが上達する人は、初心者の頃からショートゲームの重要性を理解し、アプローチやパターにも練習時間を割いているのに対し、上達しない人は、何年たっても、フルショットの練習ばかりしている人もいます。

 

アプローチや、ハーフスイングなどの練習は、正しいインパクトゾーンを作るための練習には必須項目です。基礎の練習ということになるのでしょうが、基礎の練習というのは、ストレス解消のフルショットとは対極にあるものだと個人的には思います。しかしこの地味な練習を繰り返す事により、ラウンドで必要な忍耐力も身につきます。

 

プロゴルファーでも、最近アプローチとパターしか練習しなかったと言う人が、試合で優勝してしまったケースもあるそうです。

 

良いスコアは、ショートゲームの成否によって決まると答えられる人は、きっと上達し続けられる人だと思います。