ヘッドを浮かせる構え

アドレスした時に、クラブヘッドを浮かせて構えるプレーヤーと、浮かせないプレーヤーがいます。

 

どちらが良いかという質問をたまに受けますが、自分が構えやすい方で良いと思います。

 

しかしゴルフでは、ヘッドを浮かせなければならない状況が必ずあります。ハザードからのショットです。バンカーやウォーターハザード内では、地面にソールをするとペナルティが課せられる為、ヘッドを浮かせて構えなければなりません。

 

他にも、ボールが急斜面や木の枝など不安定な物の上などに止まっているケースで、地面にクラブヘッドをつけた時にボールが動いてしまった場合にもペナルティが課せられます。

 

アドレス時に、全身が硬直してしまう位に力んでしまう方にも、ヘッドを浮かせる構えは効果があるかもしれません。

 

上記のようにヘッドを浮かせる構えには、メリットがあるように思います。普段地面にクラブヘッドを付けてアドレスをしている方も、たまには練習の時など意識的にヘッドを浮かせた状態でボールを打つと実践的な練習になると思います。