足指の活用について

スイングをしていて、”上体が起き上がりやすな”とか”トップで体がぐらつきやすな”といった方に向けてのアドバイスです。

先日、バックスイングをしたらどこまでも行けてしまうので、トップの位置がよくわからないという質問を60代女性の方からいただきました。その方のスイングを拝見すると、トップスイングのポジションの時に右足の親指側が軽くめくれて地面から離れている状態でした。この方にバックスイングで大切にしている事を確認すると、”しっかり体を回す事”とか。確かにしっかり体が回された状態である事は問題ありませんが、土台が浮き上がってしまってはどうにもなりません。この方に、バックスイング時に右足の指(特に親指)達はどういった状態になっているかと確認したら、特に力は入っていない状態との事。そこで、バックウイングでトップに近づくにつれて右足の指でしっかり地面(靴の中敷)を掴むようにしてもらった所、あれ?これ以上トップがらない位置が出てきました!!との事。またダウンスイング以降では左足指も同じように活用する事を伝えたら、トップの位置だけではなく、ボールへのコンタクトが易しくなりかつ下半身の力が使えるようになりました。

心あたりのある方、是非足指の活用を試してみて下さい(^J^)