練習場の罠

練習場のマットは、ダフりに寛容で、ミスショットをナイスショットと勘違いさせる恐れがあるので気をつけた方が良いと思います。

 

練習場では、多少ダフっている場合であっても、人工芝のマットではヘッドが抜けて、ハイボールなって綺麗に飛んでしまう事がよく起こります。本人は高い球が出て、ナイスショットだと信じ込んでしまいその感触を覚えこませるように反復練習します。その方が実際にコースに行くと、人工芝では抜けていたクラブヘッドが、コースの天然芝ではささってしまい戸惑ってしまう事が考えられます。

 

プロや上級者は、上記の様な現象が起きる事を知っている方が多く、人工芝の練習場で、意図しない高い球が出ることで自分の調子が悪いと察知する人もいます。

 

練習場シングルという言葉がありますが、高くて真っ直ぐな弾道を人工芝の練習場で追い求め、コースで通用しないダフりを身に付けてしまったとも考えられるかもしれません。

 

人工芝の練習場では、少し低いと感じられる位の高さのボールの方が、正しいハンドファーストのインパクトになっているかもしれません。