ショット不調時の練習

誰でもショットがいつも通りに打てないなどの不調に陥ることがあると思います。

 

そんな時はどうしたらいいでしょうか?

 

基本に立ち返る事が一番いいと思います。

 

自分の基本がないと話になりませんので、トップスイングとフィニッシュでシャフトが腰の高さの当たりで地面と平行になるくらいの小さなストロークを繰り返し行いましょう。

 

この時の自分にとってのうまく打てるトップとフィニッシュのクラブ位置を見つけることが最初の目的です。その際に脇が締まり腕、手首は軽く固まり、体幹の動きのみでストローク出来ることが条件です。

 

その位置が見つかればそこが通り道になるようにフルショットやスリークウォーターショットなどが出来れば小さなスイングと同様のインパクトが出来やすくなります。

 

また不調に陥ったらここに立ち返れば長い不調に陥らずに済むと思います。

 

この練習をショートアプローチでよく使うクラブを使って行えばショートアプローチの練習にもなるので一石二鳥です。

 

プロや上級者の傾向としてはショートアプローチの上手い人はアイアンショットも上手です。

 

ということで、自分のスイングの基本となるインパクト前後のクラブの動き方とそのための体の使い方をまず見つけて、見つかった後に打ち放題などを利用して徹底的に打ち込みを行うと自分のゴルフにとっての貴重な財産を身につけることができるでしょう。