テイクバック始動時のちょっとしたコツ

今回は右打ちの方で、”トップで左肘が曲がってるよ”とか”トップ位置が低すぎじゃない”といった指摘を受けることが多い方に向けてのアドバイスです。この指摘があっても、上手く打てていれば問題ありませんが、飛ばないな~、ショットの精度が良くないな~、といった悩みをお持ちの方は参考にしてみて下さい。

この様な指摘を受ける方にテイクバックで気を付けている事を伺うと、左肩をしっかりと入れたいから、とか、右肘を体から離れないようにしっかり絞っている、といった返事がかえってくる事が多いです。この事を大切にテイクバックされていた場合はいったんやめてもらい、右肩甲骨が動きやすい動作を取り入れてもらいます。動き方を理解してもらう為にクラブは持たずに普通に直立の姿勢で立ってもらい、右肘を曲げて自分の右肩(腕の付け根部分)に右指先を付けてもいらいます。この時の右脇はしまっている状態です。この右指先を肩に付けたまま下に向いている右肘を同じ高さのままで90度右回転させて下さい。右肘が体の右横に来たと思いますが、この一連の動きでの中で右上部の胸が少し開いた感じがしませんでしたか?結果、右肩甲骨も背骨側に引き寄せられる動きが作り出せます。

ほんの少しで結構ですから、テイクバックの始動でこの部位の使い方が分かると、その後の動きも大きく変わる可能性があります。一度トライしてみて下さい。(^J^)