ゴルフの基本は低い球

一部の初心者から見るとゴルフの上手な人の打球は高いという認識をしている人が多いと思います。
そして高く上げたいとアッパー軌道でボールを打とうとしてしまうと、

 

 

 

ダフるかトップになりボールを上手くミートできなくなってしまいます。

ドライバーはともかく、他のショットは地面の上にあるボールを打ちます。
最も確率がいいのはヘッドが地面に沿って動きながら当たるようにすることです。

 

これをレベルブローといいますがアッパーブローと紙一重ともいえます。
また、トップすることが多い人は低いボールになることが多くなります。
トップして低い打球になっていることが分からない人もいて、そうなるとこれも上の負のスパイラルに陥ります。

 

ゴルフが上手な人は確率良くフェースでボールをとらえることができてクラブのロフトなりの高さの打球になっているだけです。

さらに芯でとらえることで打球が速くなるため、打ち出してから長い時間ボールは上昇を続けるので
打球の最高到達点が高くなるので、ボールが高く打ち出されているように錯覚してしまうことになるわけです。

 

特に短いアプローチではこれらの傾向が強くなりますが、ウェッジショットは適度に低い打球を打つことが安定するためのキーワードです。
低めの打球を打つことが基本の習得にとても役立つと思います。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。