ゴルフが難しい一つの理由

ゴルフという競技は「球技」に属します。

 

通常の球技はゴールを狙ったり、相手のコートあるいは相手を狙うのですが、

 

ゴルフの場合はボールが止まるところをコントロールすることを道具を使ってするので、

 

とても難しくなります。

 

唯一の例外はカップに入れる際だけはカップがボールを止めてくれますが、

 

これが意外に難しいのはご存知の通りだと思います。

 

止まっているボールを道具を使って打ち、打つのも打球も外部から邪魔されず

ボールが止まるところをコントロールするゴルフのショット。

 

ピッチャーが打たせないように投げたボールを左右45°の幅の中に打ち返す野球のバッティング。

 

空中に止まっているゴールのリングに自分が邪魔されながら投げ入れるバスケットのシュート。

 

競技によって難しさが大きく違います。

 

ですが、どの競技も上手くなろうとするほど難しいものだと思います。

 

ターゲットを決めてターゲットのできるだけ近くにボールを止めることがゴルフのショットの目的です。

 

 

ドライバーも同様で、この方向の230ヤード先に止めるというようにターゲットを設定しましょう。

 

この方向に飛ばせるだけ飛ばすというのはターゲットがない状態ですので、

 

自分がコントロールできる範囲の飛距離と方向を設定することがとても大事です。

 

もっと遠くにターゲットを設定するならドライバーのスキルが上がってからにしましょう。

 

コースでは今自分ができることを知った上で無理のないターゲットを設定してそこに運ぶことを

 

すべてのショットで集中してプレーすることが自分にとっての良いスコアを出す秘訣だと思います。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。.詳しくこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。