雨の日のプレーをカチャカチャで有利に戦うには?

雨の日は飛距離が落ちることはみなさんお分かりだと思います。

 

カチャカチャっとしてプレーを有利にするにはどうすればいいでしょうか?

 

雨が降ると湿度は高くなります。

 

湿度が上がった空気は密度が小さくなり空気抵抗は減少します。

 

空気密度が小さいほどスピン量が増えた方がキャリーが出やすくなります。

 

一方芝生も濡れてボールが転がりにくくなります。

 

また、打つときにはフェースが濡れてスピンが少なくなります。

 

話を総合して考えるとドライバーやフェアウェイウッドのロフトを増やすことで解決できる問題だとわかるでしょう。

 

小雨の場合はわずかに、土砂降りの場合は1°以上ロフトを増やすといいでしょう。

 

あとはグリップをしっかりと掃除して滑りにくくして、コースでは打つ前に濡らさないよう気をつけてプレーしてください。

 

プレー当日確実に雨が降るというときは前日にロフトを増やした状態で練習しておけば完璧です。

 

また、風の日や冬場はロフトを少なくするなどするといいですし、せっかくの機能を活かした方がいいと思います。

 

 

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。.詳しくこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。