初心者がショートアプローチで距離感をつくるためには?

初心者の方にとってショートアプローチで距離を合わせることはとても難しいことだと思います。

 

 

距離は、ヘッドスピード、打点(どこに当たったか)、インパクトのロフトの3つが主な決定材料です。

 

他の2つの条件が同じなら、ヘッドスピードは速いほどボールを遠くまで運べます。

 

打点はフェースに当たっていれば芯に近いほど遠くまで運べますが、トップしてリーディングエッジに当たると飛びすぎになります。

 

インパクトのロフトはフェースが下を向いているほど遠くまで運べます。

 

この3つの条件が絡み合って距離が決まりますから、打点とインパクトロフトが一定すると、

 

距離はヘッドスピード次第で変わりますから、

 

距離を合わせることが簡単になります。

 

なので、初心者の方はフェースに確実に当てられて、インパクトの瞬間のグリップエンドの位置を一定させることを課題としてください。

 

それまでは、距離を合わせることに対して特に考えなくてもいいと思います。

 

距離を合わせられるようになるまでは、グリーン周りではパターを多用するなどして対処するといいと思います。

 

まずは、ウェッジではインパクトでグリップエンドがどのあたりにあればいいのかプロの画像や動画などで研究してみてください。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。.詳しくこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。