シャンクを直すための考え方と練習法

ゴルフには相反するミスが色々とあります。

 

スライスとフック

プッシュアウトとヒッカケ

ダフリとトップ

テンプラとチョロ

ヒールに当たる、トーに当たる

 

ヒールに当たるミスはアイアンだとシャンクと紙一重です。

 

 

同じミスショットが多く出るときはその逆のミスをわざと打つことがミスショットを直す入口になります。

 

スライスが出るならフックをダフリが出るならトップを打てれば、そのミスを直す突破口が開けます。

 

ラウンド時に多くの初心者は右にスライスするショットばかりが続き、修正できないままラウンドを終えます。

 

中級者は右にミスしたら次は左と交互にミスをします。

 

この時期を過ぎると、ラウンド中に修正が完了しスコアメイクしていくことができるようになっていきます。

 

上手な人は数ホールプレーしたら修正が完了して、スコアの乱れを最小限に抑えることができます。

 

ゴルフで最もつらいミスショットの一つがシャンクです。

 

これが重症化するとスコアになりません。

 

そんなときの突破口がわざとトーに当たるミスショットを打つことになります。

 

一つでも多くのトーに当てる方法を探してみましょう。

 

その中にシャンクを直す方法が必ずあります。

 

応急処置的な要素も多いかもしれませんが、ラウンド中にシャンクを回避する方法として有効なはずです。

 

シャンクで悩んでいるなら、わざとトーに当てる練習をできるようになるまで続けてください。

 

ショットに変化がつけられるようになれば修正も可能になるのでわざとトーに当てることができるようになれば気が付くとシャンクも直っています。

 

わざとトーに当てることができるようになったら、わざと芯で当てることもできるようになります。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。