得意を伸ばすか苦手をなくすか?

ゴルフには主にソライバーのティショット、セカンド以降はフェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジのフルショットとグリーン周りのアプローチ、パッティングといろいろなショットの種目があります。

 

ゴルファーもドライバーでかっ飛ばすのが好きな人、アイアンが好きな人、ショートアプローチが好きな人、バーディをたくさん獲りたいと人、安定を求める人などいろいろな人がいます。

 

 

そしてやはり得意なショットが楽しいのでそればかりやりたくなって、苦手なショットとの格差が拡がりがちになります。

 

いいスコアを出したければ各種目にバランスよく取り組む必要があります。

 

苦手な種目を克服しようとしてそればかりやるとバランスがとれそうですが、得意なショットが伸びずいいところがなくなってしまいます。

 

そこで、各種目に取り組む量を同じにするくらいがいいと思います。

 

得意な種目は伸びやすいですからこれを持ち合いにして、苦手な種目も同じくらいの量をこなしていくと全体的な底上げにつながります。

 

得意なショットがあることは自信を持てることにつながり、苦手なショットがないことは心の安定につながります。

 

スコアは一番苦手なショットに影響されやすいので苦手な種目があまりにも上手くいかないと他の種目が良くてもスコアが悪くなってしまいます。

 

得意な種目はより磨きをかけつつ、苦手な種目の底上げをバランスよくするように気をつけて練習すると良いスコアが出せるようになっていきますので是非心掛けてみてください。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。