ショットが狂い始めたときにまずやることは?

コースで目標に向かって真っすぐ構えるというのは意外に難しいものです。

 

一番重要なのはクラブを目標に対して正確にセットすることです。

 

そして、クラブと体との位置関係を毎回同じにすることができたら理想的です。

 

この理想的なアドレスで目標にボールを運べれば、このアドレスができたら目標に打てることになるのでこんな簡単なことはありません。

 

でも、自分では真っすぐ構えているつもりが右へ向いてしまっているという人が多いのではないかと思います。

 

もし、アドレスさえ正確にできたら目標にボールを運べる人のアドレスが知らずに10ヤード右へ向いていたらどんなことになるでしょうか?

 

そう、10ヤード右へ打球が行ってしまいます。

 

もしこのときにアドレスで右を向いているんじゃないか?と気がつけばアドレスを修正していつも通りに正確にショットできるようになるでしょう。

 

アドレスではなくスイングが違っていたんだと判断してしまったらもうそこは地獄の一丁目です。

 

右へ10ヤード行ってしまいますからインパクトでフェースの向きを10ヤード分左に向くように手を返したり、軌道をアウトサイドインにするなどしたら、低めのフックにはなりますが再び目標に球を運べるようになります。

 

すると、球が低いことが気になり高く上げようとして下からすくいあげるようなスイングをするようになってしまうかもしれません。

 

そうしたら今度はダフリが出るようになります。

 

そして、ダフらないようにインパクトの前に腕を曲げたり頭を上に上げて体が起き上がったりします。

 

たった10ヤードアドレスで10ヤード右へ向いてしまったことがこのような負のスパイラルに陥って正確なショットを打てていた人が、球にフェースを当てることすらままならない事態に陥ってしまうこともあるのです。

 

こうならないためには、ショットが狂ってきたら、まずアドレスを疑ってみる習慣をつけておくといいでしょう。

 

 

アドレスをチェックして問題がなければスイングの問題かクラブが合っていないかということになります。

 

クラブが合っていない場合も同じような負のスパイラルに陥ってしまうこともありますが、アマチュアゴルファーの場合はスイングで解決していきたいところでしょう。

 

ミスショットには必ず原因がありますから、原因が判明するまでは下手なテコ入れはせず、分析に時間をかけましょう。

 

原因以外のところを修正してしまうと上記のようにスイングがどんどん崩れて崩壊してしまうこともありますので、早く修正したいところですが焦らず原因究明にあたってください。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。