スイング作りの考え方

ショットの弾道はインパクト中のヘッドの軌道とフェースの向き、ヘッドスピードで決まります。

 

ヘッドの軌道はストレートに近い方がボールに当たりやすくなります。

 

フェースの向きは目標方向に向いていれば概ね狙った方向にボールがいってくれます。

 

 

なので、ヘッド軌道がストレートに近く、フェースの向きがインパクトで目標方向に向いてくれるようなスイングを作っていくというのがスイングを作っていく上での基本的な考え方になります。

 

ボールをよく見ろ、頭を動かすなというような基本的な教えも、軸がぶれてヘッド軌道とフェースの向きがずれてしまうことを防ぐためのものとして意識するべきです。

 

その本質から外れてインパクトを思い通りにするためでなく、頭を動かさないための練習になってしまうと、

 

頭が動かなくてもミスショットが多くなってしまうこともあります。

 

これでは本末転倒です。

 

スイングのこういうところを気を付けるとインパクトのクラブの当たり方がこう変わるんだというように考えて下さい。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。