脚を使って打つ?脚を土台にして打つ?

ゴルフスイングの教えで、脚を使って打て、脚を動かすなという相反する教えがあります。

 

どっちやねん!、とツッコミたいと思ったことがある人も多いと思います。

 

一体どちらが理にかなっているのでしょうか?

 

 

ゴルフスイングにおいて脚の役割は、脚を使ってクラブを動かす局面と、脚を固定して体重やクラブの勢いを受け止めるという局面があります。

 

なので、脚を使って打て、脚を動かすなとどちらも必要でどちらが正しいということはありません。。

 

脚を動かし過ぎて不安定なスイングになりやすい人は脚を動かさないように打つことを心がけた方がいいでしょう。

 

一方で脚を固定し過ぎて体を使ったスイングができない人は脚を使って動かすようにした方がいいと思います。

 

最悪なのは脚が動き過ぎて上半身と下半身が別々に働くようなスイングです。

 

これだとショットが不安定になる上に飛距離も出ません。

 

ということで、フットワークはバックスイングの始動ではクラブを動かす動力として、

 

脚を使いきったら土台として安定させることで再現性が高く飛距離も出せるスイングが理想的だと思います。

 

下半身、上半身、腕、クラブが1つにつながったスイングになるようなスイングを目指して欲しいと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。