ダウンスイングまではシャフトがねじれないように振れると吉

ゴルフのクラブはご存じの通りヘッドに重さが集中し、シャフトの軸線上から打点が離れている道具です。

 

これは野球のバットのようにバットの軸線上に打点がある道具と比べると自在性に乏しくなります。

 

ゴルフのクラブはスイング時にシャフトができるだけねじれないようなスイングができれば再現性が高まり扱いやすくなります。

 

こうした理由からプロのインパクト前後のクラブの動き方はとても似てきます。

 

 

クラブの特性に応じて上手く打つためにはプロのようなクラブの扱い方になるしかないのです。

 

体の癖、特徴などで、トップ付近、フィニッシュは十人十色ですが、インパクト前後のクラブの動き方は似通った状態になります。

 

通常は初心者はスライス、その後フックで悩んでだんだんクラブに従ってスイングできるようになり目標に確率よく運べるスイングになっていきます。

 

シャフトができるだけねじれないようにバックスイングからダウンスイングまでを振れるように注意していけば上記の工程をショートカットして早く上達できていくと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。