大叩きを防いでスコアアップを目指してみましょう

「ドライバーがいいとアイアンが悪くなっちゃうんですよねえ。」

 
「全体的にいいんだけど何ホールか必ず大叩きしちゃうんです。」

 
よく聞くフレーズです。

これは、その人のスイング軌道と密接な関係があると思われます。

 
スイング軌道を大きく分けるとアウトサイドインとインサイドアウト、ストレート系の3つに分けられます。
ストレート系というのはわずかにアウトサイドイン、わずかにインサイドアウトが含まれます。

 

アウトサイドインはダウンブローに、インサイドアウトはアッパーブローにヒットしやすい軌道なので、上記のドライバーがいいとアイアンが悪くなるというのはアウトサイドインの軌道の人が陥りやすい傾向です。

 

コースをラウンドすると様々なライ、状況に直面します。

アウトサイドインに振ると対処しやすい、インサイドアウトに振ると対処しやすい状況が必ずあります。

 

①アウトサイドインの軌道が対処しやすい

・アイアンショット
・バンカー
・ロブショット
・ラフに沈んだライ
・薄い芝
・つま先下がり
・左足下がり

 

②インサイドアウトの軌道が対処しやすい
・高いティアップでのショット(主にドライバー)
・芝生に浮いたライ
・左足上がり
・つま先上がり
・ランニングアプローチ

 

大叩きになるパターンとして、アウトサイドインの人が②の状況にインサイドアウトの人が①の状況に連続して遭遇すると大叩きにつながりやすくなります。

 
また、ミスショットは右に行くことが多い、その逆の左に行くことが多い人が右、左にせり出たOB、大きな池などを避けられない場合も大叩きの可能性が高くなります。

 

 
左に行きやすい人はわざと右に打つ打ち方、右に行きやすい人は左に行きやすい打ち方ができると大叩きが防げます。

 

これができるかできないかで同じくらいのショット力の人でもスコアがまとめられるか大叩きになるかに分かれます。
これが分かると、どうすれば大叩きを防げるかが見えてきます。

 
次の2つです。

①得意な状況が連続するようにポジショニングすること、プロでも基本的に持ち球一辺倒でプレーする人はこのスタイルです。

②苦手な状況から安全に脱出する戦略、戦術を身につけること。状況によって様々な球筋を操りミスショットを防いでいきます。

 
①の場合苦手な状況に陥ると大叩きに、②の場合は意図したショットが逆の結果になると大叩きにつながります。
そして、自分にとっての得意、不得意をしっかり把握しておくことが、大叩きを少なくする第一歩になります。

 
ということで、大叩きにより目標スコアを下回ってしまう人は、状況に応じたショットが打てるようになることを課題にして取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。