不調な時間を短くする考え方

ゴルフのショットはフェースがどのような向きと軌道で当たったかで決まります。

 

長くゴルフを続けていくと、左ひじを引くとスライスになるとか、腰を切ると飛距離が出せるなど、体の動かし方と弾道を結びつける考えになりがちです。

 

実際のところは左ひじを引くようにして打ったらフェースが右を向いてスライスになった。

 

腰を切るようにして打ったらフェースが動くスピードが上がって飛距離が出た。

 

ということなのですが、左ひじを引く=スライスはその人にだけ当てはまる法則になります。

 

左ひじを引いてスライスを打とうとしたらただ左へ引っかかるとか、腰を切って打つようにしたら大きなスライスになって飛距離が落ちたなど、

 

人によって効果が変わってしまうものです。

 

ボールを打つのはクラブのフェースで、それを動かすのが体の役割であるということをいつも頭の中に入れておきましょう。

 

 

そうすれば、不調でも迷宮入りせずに立て直す時間を短縮できるでしょう。

 

ということで、

 

ショットの結果=インパクトのフェースの動き=体の動きの構図を忘れないようにしてほしいと思います。

 

数学なら上の式からショットの結果=体の動きとなりますが、体の動きはエラーが多いため式として成り立たないのが普通です。

 

ショットの結果はフェースのあたり方で決まり、ショットを修正するのにはクラブの動き方を変えるという風に単純に考えることで不要にゴルフを難しくしてしまうことを防げるでしょう。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。