バックスイングは適度なスピードで行いましょう

バックスイングの上げ方がわからなくなるという声をよく耳にします。

 

バックスイングというくらいなので、スイングしてしまえば大半が勢いで済んでしまうものです。

 

勢いがありすぎても問題ですが、グリップが腰の高さにくる辺りまで動かしたら、あとは勢い任せにしてしまえばOKです。

 

トップまでの道のりの真ん中辺りまで自分でコントロールして。

 

残りを勢いに任せて自動的にトップができ上がるようにしてやるとバックスイングの仕方に悩む必要がなくなります。

 

いい換えるとグリップが腰の高さ辺りまでいくまでがとても重要です。

 

ここが違っていると良いトップを作るために複雑な操作が必要になってしまいます。

 

アドレスのときに、脇、肘、手首が自由に動き過ぎないように締めておけば、バックスイングはその方向だけを意識するだけで良いトップができ上がります。

 

この辺

 

そのためには、フォローの態勢を脇、肘、手首を締めてバックスイングの腰の高さまでスピードをつけてスイングしてください。

 

腰のあたりを過ぎたら、あとは勢いでどのようなトップの位置になるかいろいろな角度で鏡を見ながら繰り返してみてください。

 

腰のあたりの目標位置をいろいろと変えて良さそうな位置を見つけてみましょう。
 
この辺りがよさそうだと決まったら、アドレスの状態からその位置に向かってバックスイングをしてみましょう。
 
意外と簡単にバックスイングが終了すると思います。
 
バックスイングに気を使いすぎるとスイングをすることが難しくなりますので、
 
簡単にトップまで持っていけるアドレスの力の入れ具合と目標位置を理解しておきましょう。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。