パター名人と呼ばせたい・・・

パット・イズ・マネーという言葉が示すように、ゴルフのスコアアップを考えた場合に、安定したパットが常にできれば、良いスコアであがれるでしょう。

 

パターでは方向よりも、距離を合わせる方が難しいと思いますが、一定の距離を打つ為に大切な事は、フェースの一点で毎回当たるようにすることです。もちろん芯で毎回ボールを捉えるのが理想ですが、例え芯を微妙に外した所で打ったとしても、同じ一点で当てる事が出来れば、その人なりの基準が出来る訳ですから、転がりの悪いボールでも距離感は磨かれると思います。私の知り合いにも、先っぽ寄りで毎回打ってるけどパターが上手な人もいますから。。。。

 

という事で今日はパターの一点で打つ練習法をお伝えします。昔から良く知られた練習法ですのでご存知の方もいると思いますが、初めて聞く方は、よろしければお試し下さい。

 

まずピンタイプのパターを使用されている方にお薦めの練習です。

通常パターは、フェースを目標に直角に構えますが、この練習ではまずトゥを目標に向けて下さい。この時クラブフェースは自分の体に向いている状態です。その状態でボールを実際に打ってみて下さい。真っ直ぐ打てたら合格ですが、右や左にボールが飛んでしまう事があれば失敗です。(難易度はかなり高いと思います。。。)
次はヒールを目標に向けて下さい。この時バックフェースが自分の体に向いている状態です。同じようにボールを打ってみて、真っ直ぐ転がるように練習してみて下さい。(しつこいようですが難易度はかなり高いです。。。)

 

マレット型や、スパイダー型などをお使いの方にお薦めの練習法は、割り箸を使った練習法です。

まず割り箸をクラブフェースの高さと同じ位にカットしてください。

そして真ん中から割いて2つにしてください。その2本を両面テープなどでフェースに貼って下さい。場所は芯を挟んで貼ります。初級者は4センチ位離して貼ると良いと思います。自信がある方はこの間隔を狭くして下さい。3センチ幅で毎回割り箸に当たらなければ、スペシャリスト級だと思います。但し間隔が狭すぎると必ず割り箸に当たります。。。

割り箸に当たらずに打てれば合格です。皆さんは、コースでパターの練習する機会も限られている方が多いと思います。今日の練習法は、家にいながら芯に当てることが出来る練習法です。皆様の3パット撲滅をお祈り申し上げます。。。