自動ティアップ

ただゴルフ練習場に通うだけではゴルフの上達は見込めません。最近は自動ティアップの練習場が急増しています。一球打つと勝手に次のボールが出て来てくれて、とても楽なのですが注意も必要です。

 

翌日のゴルフのために練習場を訪れたおっさん、いつになく調子良く打っていたところ、急にミスショットが連発、早くまたナイスショットが打ちたいあまり、機関銃モードに突入。見るも無残に崩れていくスイング、息を切らし、汗を垂らして、ついに観念して練習終了。「今日はこのへんにしといたろか。」的な捨てゼリフを脳裏で吐き捨て、やけ酒をあおりに夜の街へ。

 

手動の練習ならこのようなことになりにくいのですが、自動ティアップの練習場、ちょっといそうな気がしませんか?こんな人。  いそうなんでけどな(;^_^A ヾ(-_-;)ナイナイ

 

 

思い当たる方いませんか?どうでしょうこの人はゴルフが上手くなるでしょうか?そうです、答えはNOです。うまくなれないどころか、機関銃モード突入後のスイングを身に付けて練習を終ってしまったわけです。この日身に付けたスイングがコースで無意識的に起こるようになっていってしまうんです。

 

練習は一球一球切り替えて、自分のその日のテーマをしっかり決め、目的を持ってこなしていきましょう。練習は量も必要ですが何より質の高い練習がメキメキとあなたのゴルフを高めていってくれるでしょう。 ((((((( ‥)ノ |EXIT|