ショートアイアンとフェアウェイウッドの当て方は似ている?

ゴルフクラブの構造上、ヘッドの重心が深いものほどハンドファーストにインパクトする度合いが大きい方が適します。

 

ロフトが大きいアイアンほど重心位置が深くなりますので、

 

短いアイアンほどハンドファーストにインパクトする方がスクエアにインパクトしやすくなります。

 

その結果、いわゆるダウンブローになるので、ショートアイアンやウェッジはいわゆるターフが取れる打ち方が適正です。

 

https://www.golfdigest-minna.jp

 

また、長いクラブほど打点のバラつきが大きくなるので、フェアウェイウッドやドライバーのような形状にして重心位置を深くすることで打点のバラつきに強くなるよう工夫されています。

 

ドライバーは置いといて、フェアウェイウッドとショートアイアンは重心位置が深いことで共通しているのが普通です。

 

なので、フェアウェイウッドとショートアイアンは同じような打ち方になりますが、シャフトが長いフェアウェイウッドの方がスイングの弧が大きくなるので、

 

ショートアイアンよりも地面に対してなだらかなダウンブローになることと、昨今のヘッドの低重心化、フェースとソールの角度が鈍角に近くなるために、

 

ターフが取れないくらいが良い弾道になります。

 

なので、ショートアイアンを打つときはフェアウェイウッドも打ち、ハンドファーストに打つことに特化した練習をすることは有効な練習法だと思います。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。