寒くて風の強い日はボールの打出しだけに集中した練習がいいでしょう

最強寒波が襲来してきました。

 

今日は気温も低く風が強い一日となっています。

 

東京は最高気温9℃風速は4~6メートルということなので、体感気温は3~5℃くらいだったということでしょうか?

 

体がまだ寒さに慣れていないようです。

 

冷たい空気は密度が高いので、ゴルフのプレーでは大変大きな風の影響を受けます。

 

こういう日の練習場での練習は、調子を崩しやすいので注意が必要です。

 

練習場のネットが風になびく様子

 

アゲインストならばかなり極端に飛距離がでなくなるので、飛ばそうとしてリキんでスイングを崩したり、左からの風ならわずかにスライスという打球でも風に乗って大きく右に流されてしまうので、

 

これを見てボールを捕まえたくなり、次の日にプレーしてみたら左にばかりボールが飛んでしまったりしやすいのです。

 

こんな日は、打球の行方はあまり気にしないでボールの打出し方向や打出し角度をコントロールするような練習くらいにしておくといいと思います。

 

上手くなりたくて練習場に行きスイングを壊して帰るというのでは本末転倒です。

 

寒くて風が強い日の練習はボールの打出し方向をコントロールする練習がオススメです。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。