ショートアプローチで飛距離アップ

 
もっと飛距離を伸ばしたい、というのは誰しもが思うことだろうと思います。

 
ショートアプローチの中にも飛距離を出す秘訣が含まれています。

例えば10ヤードのキャリーを出すために、ヘッドが腰の高さから腰の高さまで動かしてゆっくり柔らかい動きで上手に打つこともできれば、50cmくらいのバックスイングで打つこともできます。

 
後者の小さい振り幅でできるだけ飛ばす振り方にヘッドスピードをアップする、あるいはミート率を上げる要素が多く含まれます。

 

小さな振り幅で遠くに飛ばすためには、小さい動きながらも全身の、特に大きな筋肉筋肉の力を発揮して、自分が絞り出すエネルギーの総量を大きくし、その力をスピードに変換するという技術が必要になります。

 

しかし、実際にコースでそのように打つかどうかとは別問題です。

 

よくいわれる、ゆるみのないスイングとは、小さな運動量でも飛距離が出るスイングです。

 

このできるだけ小さいバックスイングでできるだけ飛ばすスイングを実際に練習場などで試してみてください。
このとき、スマホなどで動画撮影することをお忘れなく。

 

やってみると解りますが、おお、これは結構飛ばせたなと思って動画を見てみたらただバックスイングが大きいだけだったりします。

 

例えば、このくらいのトップからどこまで飛ばせるか?

 
小さく振るつもりだけでなく、実際に小さなトップになっているか確認しながら行ってください。
 
繰り返していくうちに効率のいい力の入れ方や、体の使い方、シャフトのしならせ方、クラブの動かし方が発見できるはずです。

 

この練習は次のラウンドまで時間があるときに行ってください。

上手くいかないうちは、変に力んだスイングになってしまうことがあるからです。

 
また、この練習はパッティングでも有効ですが、ラウンド中は適正な振り幅でストロークしてください。
 

是非一度お試しあれ。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。