ネガティブな言葉、サヨウナラ(^_^)/~

レッスンをしていて、残念だな~と思う事に1つに、難しい、出来ない、無理といったネガティブ言葉を多様される方にお会いした時です。

今までの上手く出来てない部分を変えたり、新しいスキルを習得したい、という事に取り組み始めた導入部分では、すぐに出来なくても全く問題ありません。

その段階でネガティブな言葉を多様されてしまう方は、上達へのブレーキを自らかけながら進んでいる状態なので、双方共に疲労がたまりやすくなってしまいます。

上達の速い方の傾向としては、何がどう難しいとか、どうやりにくいか、の原因究明や課題解決という目的にしっかり照準が定まっていてぶれにくい、という事が挙げられそうです。

上達のスピードアップにはネガティブ言葉はあまり効力を発揮しないようですので、そのクセをお持ちの方は手放す事を心がけてみて下さいね。