フェイスコントロールの上達に向けて

初心者だから私には関係ないと思わずに少し話を聞いてください。

クラブを手で握る場所はグリップですが、ボールを打つ場所はクラブフェイスです。当たり前の話ですが、だからこそ、自分の感覚を通す場所をグリップで終了とさせず、フェイスにまでつなげる事は上達へのポイントの1つです。

この能力は、たくさんショットやアプローチ・パターの練習をする事で、意識しなくても徐々に向上して行きますが、意識して取り組んだ方がスピードを上げやすく、到達点もそうでない人よりも高いレベルに行ける可能性が高まります。

このトレーニングについては、今回以下の2つをご紹介します。

① 練習場が下から出てくる自動ティーアップではダメですが、そうで無ければティーアップの際のボールセッティングは、手でつかんで乗せるのではなく、右手に短めに握ったクラブのヘッドと右足外側(もしくは左足内側)側面の間にボールを挟んで持ち上げ、そのままティーに乗せる動作です。この動作は上級者の方ほど自然に行える動作です。だから初級者の方にも、最初からこの方法でボールをティーアップするトレーニングをおすすめします。

② 右手で行うSWでのボールリフティングです。やった事が無いという方は、左手にボールを持って胸の高さ位からフェイスに向けて落下させ、落ちてきたボールを軽くフェイスを持ち上げる動作で真っ直ぐ反対方向に跳ね返し、左手でボールをキャッチするという動作です。初めは上手くボールが戻って来なくて苦労すると思いますが、慣れてくると何とか左手でキャッチ出来るようになります。ここまで来たら1回のリフティングでキャッチするのではなく、2回、3回と回数を徐々に増やして行きましょう。そして10回以上連続で出来るようになったら、次は地面に置いてあるボールをフェイスで拾い上げてからリフティングを行えるようにしましょう。割れる物がそばに無ければ部屋でも出来るトレーニングです。

以上、安全には注意しながら楽しく工夫して挑戦してみて下さい(^_^)/~