頭を残せ

ゴルフスイングを作っていく中で、最も多く聞く教えが頭を残せとか、ボールをよく見て打てという教えではないでしょうか?

 

この教えの本来の意味は軸をぶらすなということだと思います。

 

ゴルフのスイング軸は飛球線後方から見て垂線よりもボール側に傾いているもので、この軸の傾きと上下左右位置を保ってスイングする事で再現性が高いスイングになります。

 

このために軸の上部近くにある頭の位置を保つ事によって軸のブレを防ごうというのが「頭を残せ」や「ボールをよく見ろという事なのですが、軸を保つためには軸上の2点を保つ必要があるので、頭が止まっているだけでは不完全です。

 

首の付け根と尾てい骨の位置や頭と腰などの2点の位置を保つ事が必要なので、頭の動きが少なくなったら、腰や尾てい骨等の上半身の下側の1点の位置も保とうとする事も必要で、2点ともブレなくなったら頭を残す意識を続けていると必要な身体の動きを阻害する材料になってしまう可能性がありますので注意しましょう。