スムーズな体重移動について

先日、ご年配男性から”体重移動が上手く出来ず、フォローで左に乗れないのは何故?”という相談がありました。実際ショットをしてもらうとご本人の指摘通り、左に上手く移せずフィニッシュまで右股関節中心のスイングでした。

そこでまずチェックしたのは、片足で立てるかどうかを確認した所、一応それぞれ片足では立てるものの、左足を浮かせ右足だけでたっているのが苦手なようでした。

だとすると考えられる事は、苦手な右足で受けた体重を左足に移すコツが掴めていないのが原因の1つと捉え、以下の歩きながら素振りをするトレーニングを行いました。

①9アイアンを普通にグリップした状態で握り、両足をそろえて立つ

②左肩にシャフトが軽く触れるように両肘を曲げてかつぎます

③次に右足を軽く前に1歩踏み出してから、左肩越しにあるクラブを右に振り上げスイング開始

④クラブがトップの位置に来てから、次に左足を軽く前に1歩踏み出します

⑤左足の踏み出しが終ってから、ダウンスイングを行い、ゆっくり大きなフィニッシュまで行う

⑥フィニッシュまで行ったら、右足を1歩前に踏み出し③の動作に移行して下さい

この歩きながらの素振りが自然な体重移動の基本です。

この方の場合、④から⑤への動作が苦手でしたが、何回かトレーニングすると、前に歩くという半強制的な下半身の動作とそれに合った上半身の動作の同調のコツが掴めた様で、その後ショットしても自然に体重移動が出来てました。

どうも自然に体重移動が出来ない方は、一度試してみて下さい。(^_^)/~