上級者とのラウンドに際してのアドバイス

今日は、上級者と一緒にラウンドする際、いつものような自分のプレーが出来ない方に向けてのワンポイントアドバイスです。

この事が起こる要因の中で、自分サイドの可能性としては、

①自分のいいところを見せたいあるいは認めてもらいたいという過度のアピール

②迷惑をかけてはいけないという過度の心配

③負けまいという過度の競争心

④その場で上級者のスイングを真似してショットをしてしまう

といった事がありえそうです。

①~③の思いを持ってラウンドする事はいっこうに構いませんが、度を過ぎるとなかなか普段通りに行きません。これはゴルフ以外でも多々当てはまると思います。自分はどういう心境で臨めば最後まで良い緊張感を持ったままラウンドを終えられるかしっかり考え、いろいろ試して自分にあうやり方を手に入れてください。

問題は④です。確かに自分より上手くやってる人の真似をしてみたいと思う事はいっこうに構いません。ただその場で真似してすぐに出来るようになる事は稀です。しっかりと脳裏に焼き付け、そのショットを練習場等で出来るかどうかの確認作業が必要です。どうしてもその場で真似したいというのであれば、その人のスイングではなく、立ち居振る舞いやショット前のルーティンあるいはコース攻略のマネジメント(頭の使い方)等にとどめておくのがおすすめです。

上級者とのラウンドは、新しいイメージや自分の可能性を拡げる絶好のチャンスですから、上手に活用して行きましょう(^_^)/~