バランス

練習場だと上手く打てるが、コースではいまいちという方は、バランス感覚が悪いのかもしれません。練習場と違って、コースには様々な傾斜があり、対応するには優れたバランス感覚が必要になります。

 

他のスポーツを考えた時に、例えばサッカーであればポジションが複数あり、右足が得意な選手や左足が得意な選手などがいますが、それぞれのポジションのスペシャリストであればOKなのですが、ゴルフは個人競技です。

 

つま先上がりや、つま先下がり、左足上がりや、左足下がり、さらに複合した傾斜などを全て自分の能力で対応しなければなりません。

 

ゴルフコースは、上りのホールがあれば、下りのホールもありますので、登りのスペシャリストや下りのスペシャリストよりも、両方をそつなくこなす事が出来る方が理想でしょう。

 

ゴルフの教えで、傾斜地からのショットは、コンパクトに、8割程度でスイングし、クラブの番手を変えて対応すると耳にしますが、優れたバランス感覚を持つ上級者などは、軽度の傾斜であれば平地と同じ位のヘッドスピードは出せると思います。

 

体の左右の筋力差や、柔軟性、バランス感覚などが大きく異なる方は、バランスの良い体作りを目指してみるのもゴルフ上達には有効だと思います。