腹式呼吸の行い方とポイント

以前、腹式呼吸のメリットを紹介したので、今回はその行い方を紹介します。

①両足は腰幅くらいにして、背筋がしっかり伸びた姿勢(胸を開く)で立った後、両手の中指の指先を、左右からおへそに軽くあてて下さい。

②次に、をすぼめて息をゆっくり吐き出します。その際、お腹をどこまで薄く出来るかが大切です。そのサポートに、おへそに触れている中指を活用し、おへそを背中側にくっつけてあげる動きでお腹の中に残っている息を全て追い出して下さい。

③もうこれ以上おへそをへこませられない、息も吐き出せない状態になったら、から(鼻が詰まっている場合は残念ながら口から)一気に空気を取り込み、薄くなっていたお腹を大きく膨らませて下さい。その時の両中指は、引っ込んでいたおへそが今度はどこまで膨らんで出てくるかをしっかり感じとってあげるといいでしょう。

④そしてこれ以上お腹に空気を入れる事が出来ない状態になったら、②の動作に移って下さい。この後は②⇒③⇒②⇒③⇒の繰り返し作業です。私のトレーニング時の目安時間としては、②が15秒、③が5秒程度ですが、秒数よりも②と③の比率が3:1となっている事がポイントです。

中指を上手く活用して、お腹をへこませたり、膨らませたりする動作が腹横筋(コルセットの様な役割をしている筋肉)を刺激してくれる事、間違いなしです!私もやりはじめの頃は、お腹がつりそうになるくらいぎこちなかったですが、今では中指をあてなくても楽に腹式呼吸を活用してますので、皆さんもぜひ挑戦してみて下さい(^J^)