長尺ドライバーの打ち方

飛距離アップのための一つの方法として、シャフトを長くしたドライバーでヘッドスピードアップを狙い飛距離を伸ばそうというものです。

 

長尺ドライバーを使いこなすために特別な打ち方があるわけではありませんがシャフトが長い分振り遅れて右に飛びやすいという事を理解しておくことは重要です。

 

クラブのグリップ部分に力を加えてクラブを動かすのがゴルフのスイングで、このグリップに力を加えてヘッドをコントロールするわけですが、力を加えてからヘッドにその力が伝わるまでの時間はシャフトが短いと短く、長いと長くなります。

 

長尺ドライバーの場合は通常の長さに比べて一瞬しなり戻るまでの時間がかかるのでその分をボール位置を左にする事で補正するのが一番シンプルな長尺ドライバーに対しての対応策だと思います。

 

ということで、長尺ドライバーを打つ際は普段のボール位置より左へボールを置き、ティアップはやや高めに設定するといいでしょう。