叩けるトップを作る

フライングエルボーは良くないと教えられ、飛距離を出すのに適さないトップの形になっている方をお見かけする事があります。

右肘を絞り、トップを作ろうとすると肩が動かず、肘から先の前腕部だけが上に上がってしまう可能性があります。

飛距離を出す為には、アドレスの位置よりもトップの位置では右肩は上がります。右肩が上がれば肩が下がることによりダウンスイングを開始できます。

右肩が上がらなければ、腕の力に頼ったスイングになりますので決して飛距離は出ません。

ドラコンの選手たちのスイングを拝見してみると、右肘を絞るようなスイングの選手は皆無です。

飛距離が出ずにお悩みの方は、肩甲骨の動きを伴ったスイングを研究されてみてください。